富士青春市民PJ
私のOSS
私の取組
発見隊
ミーティング
新着情報

輝いているあの人も、小さな一歩を踏み出したから、
今がある。
そして今日も自分なりの「いただき」を目指して、
一歩ずつ歩んでいる。
そんな富士青春市民の、自分らしくイキイキとした
生き方や取り組みの様子をご紹介します。

ふじまる中学生サポーターさん

 

小学生の頃憧れた「中学生サポーター」。 今は私たちが小学生と一緒に遊んでいます!

皆さんが参加している「ふじまる遊び塾」は どんなことをしていますか? 3人が参加しはじめたきっかけは?

「ふじまる遊び塾」では、富士市内のさまざまな小学校の子どもたちが集まります。
年に6回、子どもと地域の大人たちが一緒に遊んでいます。私たちは「中学生サポーター」として、子どもたちと遊んだり、運営のサポートをしたりしています。
自分たちが小学生の頃、ふじまるの特別企画のキャンプに参加しました。その時に、中学生の先輩たちが大人のお手伝いをしていました。
それを見て「なんかいいな~」と思っていました。その後、中学生になり、「キズナ無限∞の島」(富士市教育委員会主催。宮城県の気仙沼大島を舞台とした5泊6日の宿泊体験研修)に参加しました。その時に実行委員として参加していたふじまるの会長さんに、自分たちが「ふじまる遊び塾」に小学生の頃参加していて、その時にいた中学生の先輩たちみたいなことをしてみたいと伝えました。すると、「じゃあ中学生サポーターとして参加してみない?」と声をかけてもらい、それから参加することになりました。

参加してみてどんなことを感じていますか?

鈴木さん
勉強や部活などがあり、こんなに思いっきり遊ぶこともなかなかないので楽しいです。

黒岩さん
小学生の子と接することがふだんはないので、どう接していいのか迷う時もあります。もう少し仲良くなることができたらいいなと思います。

大村さん
これからはプログラムを準備する裏方ももっと経験してみたいなと思っています。子どもたちが喜ぶ遊びを行うために、裏でいろいろ動いてみるのもおもしろそう!

Profile

富士市立岳陽中学校3年生。ふじまる遊び塾のサポーターとして活躍中!
将来の夢は、本に関わる仕事(黒岩さん・大村さん)、雑貨屋さん(鈴木さん)。