富士青春市民PJ
私のOSS
私の取組
発見隊
ミーティング
新着情報

輝いているあの人も、小さな一歩を踏み出したから、
今がある。
そして今日も自分なりの「いただき」を目指して、
一歩ずつ歩んでいる。
そんな富士青春市民の、自分らしくイキイキとした
生き方や取り組みの様子をご紹介します。

横内 果歩さん

Yokouchi Kaho

大学で学びながら「かぐや姫」に 挑戦。インスタで富士市をPR!

第32代のかぐや姫クイーンとしての 活動がはじまりましたね。 今のお気持ちは?

楽しみです!選んでいただいた時からずっとわくわくした気持ちなんです。大学2年生だった昨年、近所の貸衣装店で「受けてみたら?」と声をかけていただいたことをきっかけに、コンテストに出場しました。残念ながら選ばれませんでしたが、今年は大学3年生で、「今しかできない!」と思い、2回目の挑戦でかぐや姫クイーンになることができました!私は富士市の公園が好きで、休日には「ふじのくに田子の浦みなと公園」や「富士西公園」によく行きます。最近はそこで撮った写真をインスタグラムに投稿しています。私なりに富士市の魅力をお伝えできたらと思っています。

大学ではどんなことを学んでいますか? そしてこれから目指しているのは?

大学では保育学部に在籍しています。サークルでは手遊びを練習し、幼稚園などで披露しています。目指しているのは、信頼される先生。中学校3年生の時の担任の先生が理想です。直接話をしなくても「何かあったか?」と声をかけてくれるような先生でした。でも叱る時はしっかり叱ってくれました。こういう愛情を持った先生になりたいです。
富士市の子どもたちは、公園ですれ違った時にも自然に挨拶をしてくれる子が多いです。これはこの富士市のあたたかい雰囲気と人が築いたものだと思っています。私も富士市で働いて子どもたちに接し、受け継いでいきたいです!

Profile

富士市生まれ。第32代かぐや姫クイーンとして、2017年7月末より1年間富士市のPR活動を担っている。将来は保育士・幼稚園教諭を目指し、大学で子どもに関するさまざまな分野を学んでいる。