富士青春市民PJ
私のOSS
私の取組
発見隊
ミーティング
新着情報

輝いているあの人も、小さな一歩を踏み出したから、
今がある。
そして今日も自分なりの「いただき」を目指して、
一歩ずつ歩んでいる。
そんな富士青春市民の、自分らしくイキイキとした
生き方や取り組みの様子をご紹介します。

大石港与さん

Oishi minato

身近に富士山という「日本一」が あることが日本一を目指す原動力!

陸上を始めたきっかけは?

陸上競技を始めたのは、小学4年生のとき。広報紙に掲載されていた陸上教室に参加したことがきっかけでした。父と姉が陸上をしていた影響もあって興味を持ち、両親に頼んで申し込んでもらいました。その前はサッカーをしていましたが、自分のペースでできることや、陸上教室の友達ができたことでさらに陸上が楽しくなり、自然と陸上の道に進みました。
中学生の頃に自分の得意なことで「日本一になる」という目標を立てました。今思えば身近に富士山という「日本一」があることが励みになり、日本一を目指そうと思った一つのきっかけになっていたんだと思います。このことは現在も変わらず原動力になっています。今は富士市を離れて暮らしていますが、故郷に帰って富士川橋からの富士山を見ると「日本一が身近にあるって、やっぱりいいな~」と感じます。

富士市での思い出は? 今後の目標は?

いろいろありますが、社会人になってから、大淵に住んでいる友人の家で遊ぶことになり、気分転換を兼ねて家まで走っていったことがありました。友人は富士川から走ってきたと聞いてとても驚いていました。今思えば、距離はもちろん坂道も多いので驚かれますよね(笑)。そんなこともありました。
現在は、トヨタ自動車陸上長距離部のキャプテンを務めています。午前6時から朝練をした後、9時から午後2時まで会社で勤務し、その後練習という一日を過ごしています。今後の目標は、チーム目標であるニューイヤー駅伝で優勝することと、2020年の東京オリンピックマラソン競技で代表枠を獲得すること、さらに個人目標である自己記録を更新することです。駅伝とマラソンの両方を目標に掲げるということは、体力面はもちろんのこと、集中力や精神面でのさらなる強化が必要になります。キャプテンとして、マラソンと駅伝のどちらも結果を残し、チームに貢献したいです。

Profile

30歳 富士市(旧富士川町)出身
トヨタ自動車陸上長距離部のキャプテンを務める。
富士市の好きなところは富士川橋から見る富士山。

競技実績
●大学(中央大学)
 2010年 箱根駅伝 5区 区間3位
●社会人(トヨタ自動車)
 2014年 日本選手権 10000m 3位
 2015年 ニューイヤー駅伝 優勝 5区 区間賞
 2016年 ニューイヤー駅伝 優勝 3区 区間3位
 2017年 別府大分毎日マラソン4位(日本人3位)
 ※(初マラソン 2時間10分39秒)
大学時代は、箱根駅伝5区山上りに3回出場し、3年時には区間3位。
トヨタ自動車入社後は、ニューイヤー駅伝で3回の優勝のうち、2回の優勝に貢献。2017年別府大分毎日マラソンで初マラソンに挑戦し4位。
(2時間10分39秒)

http://sports.gazoo.com/long-distance