富士青春市民PJ
私のOSS
私の取組
発見隊
ミーティング
新着情報

輝いているあの人も、小さな一歩を踏み出したから、
今がある。
そして今日も自分なりの「いただき」を目指して、
一歩ずつ歩んでいる。
そんな富士青春市民の、自分らしくイキイキとした
生き方や取り組みの様子をご紹介します。

吉崎多恵さん

Yoshizaki Tae

大好きな富士市を盛り上げる ために私ができること

吉崎さんにとって富士市を盛り上げることとは?

小学校6年生の時に、「富士本町の活性化について私たちにできること」をグループごとに考え、アイデアを出し、そのアイデアを元に実施するという授業がありました。この授業をきっかけに、日頃から「富士市を盛り上げるために私ができることは何だろう?」と考えるようになりました。私は写真を撮ることが大好きなので「富士市の風景を撮って紹介すれば富士市の良さを伝えることができるかもしれない!」と思いました。そんな時、静岡市に住む母の友人で、私もお世話になっている人が、急に故郷の宮崎県に帰ることになったので、中央公園のバラや富士川楽座から見る富士山を撮影し絵葉書を作り、その絵葉書で手紙を送りました。母の友人はすごく喜んでくれて、私もとても嬉しくなりました。それからは、撮影した四季折々の写真で絵葉書を作り、場所とメッセージを添えて送っています。富士市の風景が褒められたり、知ってもらえたりすることが本当に嬉しいです。

これからどんなことをしてみたいですか?

最近は、学校帰りや休日に自転車で行ける範囲の場所へ撮影に出かけています。潤井川の土手や、中央公園、富士川楽座から見た風景などを撮ることが多いです。市内には行ってみたい場所がたくさんありますが、中でもふじのくに田子の浦みなと公園から見る富士山と、田子の浦港の風景を撮影してみたいです。今後もお勧めしたい風景を写真に撮り、積極的に富士市の良いところを発信していきたいです。そして、富士市がさらに素敵なまちになるように、「私ができること」を少しずつ増やしていきたいです。

Profile

本市場町在住 富士見中学校3年生 14歳
10歳の時に貯金していたお小遣いでカメラを購入。富士市の風景や生き物を撮影している。