富士青春市民プロジェクト
私のOneSmallStep
富士青春市民大賞
新着情報
タイトル
タイトル
輝いているあの人も、小さな一歩を
踏み出したから、今がある。
そして今日も自分なりのいただきへと、
一歩一歩進んでいる。
そんな富士青春市民の、自分らしくイキイキとした
生き方や取り組みの様子をご紹介します。
仲間とつかんだ世界一!
パエリアは私の原動力★
横内さん写真1
仲間とつかんだ世界一!
パエリアは私の原動力★
地元のバレンシアでも大人気!

煙対策のゴーグル姿は川口さんの発案。
地元のバレンシアでも大人気!

パエリア


パエリア職人になろうと思った
きっかけは?

実はロックスターになることを夢見て上京したんですよ(笑)。残念ながら夢やぶれましたが、「何かをつくってお客さんに提供し、そのお客さんが笑顔になった時に得られる喜び」は、料理も歌も一緒だと感じ、思い切って料理人の道を選びました。 料理の中でも、スペイン料理が好きだったことや、当時はスペイン料理店が周りに少なかったことからチャンスだと思い、パエリア職人に挑戦しました。都内にお店をオープンしてからは、数々の困難がありましたが、その一つ一つを謙虚に受け止め、仲間とともに協力して乗り越えてきました。 大会の前は、仲間と一緒に毎週近くの公園に行き、本番と同じように大鍋と薪を使い、何度も炊き上げ、色、味、おこげのでき具合などを確かめ、当日に備えました。

最高の仲間とともに

最高の仲間とともに

世界大会はどのような様子でしたか?

平成29年4月の「国際パエリアコンクール日本大会」で優勝し、日本代表として、9月にスペインで開催された「第57回国際パエリアコンクール世界大会」に出場しました。大会は、既定の時間、食材、サイズの中で競います。その中でオリジナリティを出すためには、火加減や気温などの自然環境が、味の決め手に影響を及ぼすため、細やかな微調整をしながら丁寧に仕上げていきます。とにかくおいしくなるために、必死でつくりました。時々、必死になりすぎて、仲間と口けんかをすることもありましたが、それもご愛嬌ということで…(笑)。信頼する仲間と共に日本人初の「国際部門(外国人部門)」の優勝をつかみ取ることができて、心から嬉しかったです。 今後は、スペイン料理文化の普及やパエリアの魅力、奥深さを多くの人に知ってもらう活動を行っていきたいです。故郷の富士市の人にも、ぜひ食べていただきたいですね。

最高の仲間とともに

最高の仲間とともに

富士市大淵出身。東京都杉並区のスパニッシュレストラン「anocado restaurante+」のオーナーシェフ。国際パエリアコンクール日本予選で優勝し、パエリアの聖地スペインバレンシアで行われた「第57回国際パエリアコンクール国際部門」で、日本人初の優勝を果たした。
anocado restaurante+
URL:https://www.anocado.com

一覧へ
結花乃さん 鈴木勇介さん グラウンド・ゴルフ教室のみなさん 横内果歩さん 川口勇樹さん 和迦さん 若月佑美さん OILさん