富士青春市民プロジェクト
私のOneSmallStep
私の取組
富士青春市民発見隊
新着情報
タイトル
タイトル
輝いているあの人も、小さな一歩を
踏み出したから、今がある。
そして今日も自分なりの「いただき」を
目指して、一歩ずつ歩んでいる。
そんな富士青春市民の、自分らしくイキイキとした
生き方や取り組みの様子をご紹介します。
富士市は私にとって、創作意欲を
沸かせてくれるまち。
結花乃さん写真1
富士市は私にとって、創作意欲を
沸かせてくれるまち。
富士まつり2017

富士まつり2017でも歌を披露

マイク
結花乃さんにとっての
「いただきへの、はじまり」
(夢へ向かって、一歩を踏み出した時)は、
いつでしょうか?

シンガーソングライターを志し、看護師として働いていた病院を辞めた時ですね。
きっかけは、入退院を繰り返していた重病の患者さんの、「結花乃ちゃんは好きな歌をやらないの?」という言葉。この方との交流をきっかけに、自分の人生を見直しました。「やっぱり私は音楽が好きで、やらずに後悔したくない」と強く思い、退職を決意して、シンガーソングライターへの道を歩み始めました。
それからオーディションに100本以上落ち続け、「もうだめかも、看護師を辞めて本当によかったのだろうか…」と思うこともありましたが、昨年ようやくプロとしてデビューすることができました。

冨士高校

歌うことの楽しさに目覚めた思い出の地、富士高校

富士市に住みながら
アーティスト活動をしている理由はなんですか?

家族や友人がいて、ふらっと歩けばたくさんの自然や、懐かしい景色がある…そんな富士市にいるから、私は詞や曲をつくることができるんです。
かつては関東方面に住んで活動をしていた時期もありましたが、私にはこのスタイルが合っていると思い、富士市に住みながら活動をすることを選びました。
ブランドメッセージソング「いただきへの、はじまり」にも自分の好きな富士市への思いを込めました。富士市は生活の中に富士山が自然とあるまちです。
身近にあるけれど実は日本一の山。つまり日本一高いゴール。いつもそれを目にしている私たちは、どんなに難しい目標やゴールを抱いたとしても、迷わず歩いて行ける力がある!という思いを込めてこの曲をつくりました。
私も歩み始めたばかりですが、このまちの魅力をもっと歌で発信していきたいです。

冨士高校

歌うことの楽しさに目覚めた思い出の地、富士高校

富士市出身。2016年9月、シンガーソングライターとしてプロデビュー。
2016年12月に開催された全国工場夜景サミットで富士市の工場夜景をイメージ
した曲「特別な場所」を披露したのち、2017年6月にブランドメッセージソング
「いただきへの、はじまり」をリリース。
結花乃 OFFICIAL WEBSITE 
http://yukano.jp/

一覧へ
New!
飯田遼太さん 吉崎多恵さん 渡部さん 渡邉さん OILさん 若月佑美さん 和迦さん 川口勇樹さん 横内果歩さん グラウンド・ゴルフ教室のみなさん 鈴木勇介さん 結花乃さん